売るか貸すかでお悩みの方へ(不動産活用)

  • HOME
  • 売るか貸すかでお悩みの方へ(不動産活用)

replacing assets

replacing assets

あなたにピッタリの
不動産活用ご提案

不動産の活用方法は大きく分けてふたつ。「売却するか」「賃貸経営で収入を得るか」。どちらが最良の選択か、迷われる方も多いかもしれません。また、不動産を活用するにしても、どのような方法であれば安定収入の確保につながるか、この見極めも大切です。

売るか貸すかの決定の前に、まずは不動産活用の方法やパターンを知っておきましょう。那覇市・浦添市・宜野湾市を中心に物件を扱う成和ユニテックが、さまざまな不動産活用の特徴をご説明します。

お持ちの不動産をどうしたいのかご希望はありますか?

不動産を売却したい
不動産を売却する方法のひとつに、仲介売却があります。仲介の不動産会社は、売り主様が設定したご希望の価格にそって交渉を行うため、高額売却が期待できます。
不動産を誰かに貸して、
収入を得たい
マンション・アパートの運営で賃料収入を得る方法です。多くの場合、管理会社に手数料を支払い、賃貸管理を一任します。

不動産活用の明確な目的を決めましょう

税金関係を万全にしたい

税金関係を万全にしたい

不動産活用の目的のひとつに、節税対策があります。とくに重視されるのが固定資産税対策。土地や建物を所有しているだけで毎年一定の税金を納めることになり、その負担は小さくありません。更地の場合、上物の付いた土地と比べ、6倍もの税負担を強いられることに。反対に、建物を建てることで、大きな節税効果になるわけです。

相続税対策も忘れてはならないポイント。基本的に、資産の評価額が低いほど節税効果が生まれます。現預金や有価証券などの資産を不動産に変えることで節税できるのです。さらに保有不動産を賃貸経営に回すことで、相続税の評価額は約80%に下がります。

老後のためのお金を貯める

老後のためのお金を貯める

誰にでも訪れる老後という未来。現状、年金だけで生活を支えていくのは難しく、「働かないで生活していけるのだろうか」と不安を抱えている方は少なくありません。現役を退いた後、大きな悩みもなく安穏と暮らしていくためには、定年前から生活設計を考えておくのが望ましいといえます。

不動産活用は、年金や退職金とは別の収入源を得る方法として有力な方法のひとつです。手持ちの土地に建てたアパート・マンション運営で家賃収入が得られます。優良物件であれば入居率が安定し大きな収益確保が見込まれます。

不動産投資家として
賃貸経営をしてみる

アパート・マンションを購入して手堅く家賃収入を確保する方法は、節税対策にもなれば老後の収入源確保にも役立ちます。そこから一歩進んで、不動産投資家として本格的に資産運用にチャレンジしてみるというのもひとつの手です。

不動産活用を続けていくうちに優良物件の見分け方や賃貸管理にも精通するようになります。不動産活用のコツをつかんで収益拡大となれば、新たな投資意欲が湧くかもしれません。そのようにして不動産ビジネスの面白みに気づき、資産を拡大された方も大勢いらっしゃいます。

受け継いだ土地を
上手な活用で残す

先祖代々受け継いてきた土地には愛着があって思い入れも強いもの。そう簡単に手放したくないと思うのが人情です。受け継いだ土地にマンションを建てる土地活用であれば、子や孫の代まで継承していくことが可能です。

土地は使っていなくても維持費がかかり、固定資産税は毎年納める必要があります。お金ばかり出ていく土地所有より、思い切った不動産活用で家賃収入を得て出費の相殺を図ったほうが賢明ともいえます。不動産の管理や土地の生かし方については不動産管理のプロに任せておけば安心です。

土地を活用するならいろんなパターンがあります

駐車場経営

駐車場経営

駐車場経営の大きなメリットは、上物建築の必要がないことです。初期費用の負担が少なく、すぐに賃貸運営を始められます。また、場所の制限がかかるといった懸念点が少なく、比較的狭い土地の利用も難しくありません。加えて、地震など大きな災害に見舞われても、舗装工事を施すだけで経営再開の目途が立ちます。

なお、駐車場経営には「月極駐車場」と「コインパーキング」の2種類があります。機械設備の導入が必要なコインパーキングと比べ、更地を整備するだけの月極駐車場は初期投資が少なく済むメリットがあります。

老人ホーム

老人ホーム

老人ホームを運営事業者に一棟貸しして収益確保する方法にはさまざまなメリットがあります。車を利用して面会に訪れる家族が多いことから、駅から遠く離れた場所に立てても問題ありません。駅に近い土地はもちろん、郊外であっても交通の便がよい土地は利用者にも喜ばれます。

今後、日本はますます高齢者の数が増え、老人ホーム建設の需要も高まることが予想されます。その意味で将来性のある土地活用の方法です。社会貢献度の高さも見逃せません。

コンビニ

コンビニ

コンビニは郊外の土地でも安定の賃貸収入が期待できる土地活用です。コンビニ事業者に一棟貸しするのが一般的です。

賃料単価の高いコンビニ経営には、高いキャピタルゲインが期待できます。一棟貸しのため管理の手間もありません。好条件の立地であれば長期にわたって安定収入が見込まれるでしょう。

郊外の土地に建てる場合、広い面積の駐車場が必要となり、300~600坪程度。店舗面積は90坪程度確保したいところです。

コインランドリー

コインランドリー

マンション居住者が増えたこともあり、コインランドリーのニーズも高まりを見せています。ランドリー施設のない大型マンションの近隣などは、とくに多くの利用が見込まれるでしょう。

コインランドリー経営には、「事業者に貸す方法」と「自分で経営する方法」のふたつがあり、いずれか良いほうを選ぶことになります。事業者に貸す方法は設備の管理面で心配ないものの、撤退リスクが高くなるのが難点です。一方自分で経営する場合は経営が傾かない限り撤退リスクがないため、余裕のある方におすすめです。

ほかにも、ビジネスホテルやシェアハウス、民泊、倉庫、コワーキングスペース、ロードサイド店舗など、たくさんの土地活用方法があります。成和ユニテックでは、オーナー様のご希望に合わせた土地活用のご提案が可能です。

PICK UP活用で悩まれている方、
お気軽に成和ユニテックへご連絡ください

土地活用にはさまざまな方法があります。長期的かつ安定的に収入を得るには、立地条件や地域のニーズなどを考慮して最良の方法を選ぶことが大切です。

資産運用の初心者や慣れていない方にとって、はじめから収益を上げることは簡単ではありません。そのため、信頼ある不動産会社のサポートを得ながら活用プランや方向性を固めていくのが賢明です。活用の前に、売却か賃貸かで迷われている方も、まずは成和ユニテックにご相談ください。立地や将来性を加味しながら最適な方法をご提案します。