相続関係(空き家・空き地)でお悩みの方

  • HOME
  • 相続関係(空き家・空き地)でお悩みの方

inheritance

inheritance

遺産相続引き継ぐ場合に
知るべき情報

相続人の確定に遺産の分配、相続登記による所有権の移転など、相続が発生するとさまざまな手続きが発生します。これらに関する情報は相続の前に把握しておくと、手続きもスムーズです。具体的には、相続内容は何か、継承する資格があるのは誰か、相続税を支払うことは可能かといった情報を整理する必要があります。

那覇市・浦添市・宜野湾市を中心に物件を扱う成和ユニテックが、相続の前に押さえておくべきポイント、空き地売却のメリット、相続税の計算方法などについてご説明します。

相続に関してご心配事はございませんか?

相続に関してご心配事はございませんか?

  • 相続税の申告をしたいけど、どうすればいいかわからない
  • 相続手続きを自分でする時間がない
  • 相続税額がどれくらいになるかわからない
  • 不動産が安く買いたたかれないか不安
  • 不動産を売って買換え・住換えしたいけど、仲介会社はどうやって探す?
  • 売却情報が他所に漏れないか不安
  • できるだけ早く現金化したい

相続される前に抑えておきたいポイント

相続手続きをスムーズに完了させるためにも、以下のポイントを事前に抑えておきましょう。

相続財産は何ですか?
最初に押さえておくべきポイントが、「相続財産は何か」という点。相続の対象となる遺産としては、現金や預貯金、有価証券、不動産、高価な品物などの動産が挙げられます。これらの財産はわかりやすくイメージもつくでしょうが、借金や権利なども相続の対象です。また、相続対象と思われるものでも実際には相続できない財産や権利もあるため注意が必要です。

相続財産は何ですか?

誰が受け継ぐのか決まっていますか?
財産相続の手続きでは、受け継ぐ人をはっきりさせておくことも重要です。相続財産が特定されたとしても、相続者を確定しない限り手続きは進みません。相続の継承者は、法定相続に則って決まるか、遺言書にしたがって決めることになります。法定相続通りであれば難しくありませんが、ややこしくなりがちなのが遺言書のあるケース。本人の遺志が明確な場合、相続対象以外の人物が継承することも可能です。相続人の確定が難しいケースでは、弁護士などを仲介に立てて相談することが望まれます。

誰が受け継ぐのか決まっていますか?

分配の割合は考えていますか?

相続財産と相続人が決まった後、遺産分配を決めることになります。遺産分割の割合は、原則、民法に規定された法定相続にしたがって分配されます。遺言書がある場合は、基本的に遺言書の内容が優先されます。また、相続人同士が話し合う「遺産分割協議」を経て決める方法もあります。相続人全員の合意があれば、法定相続と異なる分配でも問題ありません。
遺産の分配割合は細心の注意を要する問題です。分配を巡って相続人同士がトラブルになるケースも珍しくありません。不幸な事態を回避する方法として、弁護士を仲介とする遺産分割協議が選ばれています。

相続税を支払うことはできますか?

近年、相続税の基礎控除が大きく引き下げられました。これに関連し、これまで相続税の課税対象外だった過程でも相続税の支払いが求められるケースが増えています。遺産相続では、相続税についても押さえておくことが大切です。
相続税は、不動産の評価額が高額なほど、高い課税となります。都市部に構えた高層マンションなどがその典型です。高額な相続税を支払えないために、仕方なく財産を手放す話もあります。相続税を支払えない可能性も考えたうえで、対策を練る必要があります。

PICK UPご希望があれば弁護士や税理士などもご紹介できます

相続税に、遺産分配、複雑な手続きなど、はじめて財産相続される方にとっては難しい問題が多々あるかもしれません。あらかじめ税の知識や法定相続を定めた民法について学習しておかないと、手続きに支障が出る恐れもあります。スムーズに手続きを運ぶためにも、専門家のサポートを受けながら相続人確定や遺産分配を進めていくことが大切です。

成和ユニテックにご相談いただければ、税理士や弁護士などの紹介も難しくありません。お困りの際は遠慮なくお申しつけください。

使わなくなった空き家を売却するメリット

使わない空き家であれば、すみやかな売却が求められます。その理由は以下のとおりです。

高い固定資産税など無駄なお金を払わなくてよくなります

高い固定資産税など無駄なお金を払わなくてよくなります

たとえ誰も住んでいない家でも、固定資産税や都市計画税は納める義務が発生します。不動産の評価が高い物件ほど、課税額は高額となるのです。ただ持っているだけで重い税負担が課せられる空き家はお荷物といってよく、何らかの対策が求められます。

この税負担リスクを回避するには、空き家を売却して資産運用に生かす方法が適切です。評価の高い土地の物件であれば、それだけ家賃収入の安定が見込まれます。家賃収入で財政が潤えば、固定資産税の支払いも楽になるでしょう。

常に発生してしまう維持費がかかりません

常に発生してしまう維持費がかかりません

誰も住まないからといって、管理をおろそかにはできません。むしろ誰も住まない木造家屋など
は害虫を発生させやすく、高い修繕コストも計算しなければならなくなります。荒れた土地や家屋をそのままにしておくと近隣住民にも迷惑がかかるため、定期的な清掃、必要に応じて修繕などが求められます。それはつまり高いコストがつきものという意味です。

使い道のなくなった空き家であれば、思い切って売却するのもひとつの手です。売却益を手にするだけでなく、これまで重くのしかかっていた維持費に悩むこともありません。

解体費用について考えなくてよくなります

解体費用について考えなくてよくなります

ボロボロになった空き家をそのまま放置することは許されません。昨今は空き家対策特別措
置法の施行で、所有者にその意思がなくても強制執行による解体がなされます。解体費用が本人負担なのはもちろん、行政指導を無視すれば勧告、または罰金刑の対象となるケースも。空き家の放置期間が長ければ長いほど、事態が厄介な方向へ進む可能性があるのです。

早めに空き家を売却しておけば、解体費用を負担しなくても済みます。立地がよくて高評価の物件であれば、キレイにリフォームして不動産活用する方法もありです。

不動産を相続した場合にかかる相続税の計算方法

不動産を相続した場合、相続税がかかることがあります。相続税発生のケースや税の計算方法についてご説明します。

不動産を相続したら相続税がかかる可能性があります

相続税発生の有無は、相続財産がどれくらいになるかで決まります。被相続人の相続財産を合計した額が、基礎控除額を上回ると課税対象です。そのため、相続財産が少額で収まる場合は課税とならないケースがほとんどです。

相続財産は、不動産や高額な動産、預貯金、現金などすべてを含めて合計します。相続税の基礎控除額は、「3000万円+600万円×相続人の人数」で求められます。仮に相続対象が4人いたとすれば、3000万円+600万円×4=5400万円。相続財産の合計額が5400万円以上であれば課税対象になります。

相続税の計算方法について

相続税の計算方法について

相続税の計算自体は、シミュレーションサイトを使えば簡単に割り出せます。問題は、不動産が相続財産に含まれる場合です。預貯金の場合は額面通りの資産評価となりますが、不動産評価は複雑な計算を要します。路線単価や面積、各種の補正率などさまざまなデータを加味して相続税評価を決めることになるのですが、一般の方が正確に計算するのは難しい面があります。

ただし、概算の評価額であれば簡単な計算式で求められます。固定資産税評価額を1.14倍した額が、土地の相続税評価額の概算となります。このようにして求めた土地の相続評価額と他の財産の評価額を足し合わせ、シミュレーションサイトに入力するだけで大まかな相続税額が判明します。

空き家を売却するときの費用

空き家を取り壊して売却する場合、以下の費用が発生します。

  • 空き家を売却するときの費用
  • 空き家を売却するときの費用
  • 売却手続きに要する費用
  • ゴミの処分費用
  • 解体費用
  • 廃材の撤去費用
  • 土地の整備費用

通常、解体業者はゴミの処分まで請け負ってくれません。ゴミ処分は別の業者に頼む必要があります。ゴミ処分費用は、通常の量であれば10万円前後。これが大量なケース(いわゆるゴミ屋敷と呼ばれるレベルの量)だと20~30万円程度かかります。

解体費用は、木造の場合、坪単価で4~5万円程度。一般的な坪数35~40坪で計算すれば、140~200万円ほどの費用が発生します。さらに、狭あいな場所にある空き家の解体となれば、重機が入りにくく困難も予想されることから、解体費用は高額となる傾向です。

相続した土地を売却する場合

相続した土地を売却する場合、決められた手順にしたがって手続きを進めます。以下、その流れについてご説明します。

1、相続する土地を相続登記で
名義換えをする
まず、土地の相続者を確定するために相続登記を行います。法務局にて手続きを行い、所有者の名義を変更します。この際、必要となるのは固定資産税評価額がわかる書類、被相続人と相続人の戸籍謄本などです。最後に登記申請書を作成して法務局で登記申請します。

1、相続する土地を相続登記で名義換えをする

2、不動産会社に
売却を依頼する
多くの場合、不動産会社を仲介に売却交渉します。仲介手数料の負担が求められますが、不動産売買のプロに頼むことで高額売却が期待できます。ただし、実績の乏しい会社に依頼すると期待外れに終わることもあるので、実績・実力ともに申し分ない不動産会社を選ぶことが重要です。

2、不動産会社に売却を依頼する

3、買い手がつきやすい
土地にする
買い手がつきやすく、高額査定も期待できるようにするためにも、土地はキレイな状態にしておくことが望まれます。購入する側から見れば、キレイな土地は購入意欲が湧きます。反対に、荒れた状態や見栄えのよくない状態だと、売却価格に悪い影響を与えるでしょう。不法投棄があったり、雑草が生い茂っていたりする土地はマイナス評価が避けられません。場合によっては専門業者の手を借りてキレイに整備しましょう。
4、不動産譲渡税を支払う
不動産を売却して利益が発生した場合、不動産譲渡税(譲渡所得課税)が課せられます。譲渡所得課税は、売却益×税率15%(売却不動産の保有期間が5年超の場合)で求めます。そのほか、不動産の売買契約書にかかる印紙税も納めなければなりません。

空き家管理も承っております

空き家管理プランについて

当社では、オーナー様のご要望に応じて様々なプランをご用意しています。
まずはご要望をお伺いした上で最適なプランをご提案しますので、お気軽にご相談ください。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

管理内容 屋外対応プラン 屋内外対応プラン 屋内外清掃プラン
基本事項 月1回管理報告
(月次レポート)
売却査定
活用相談
防犯確認
クレーム一時対応
災害時臨時巡回・報告 ※1
屋外 郵便ポスト確認
外壁や雨どいなど
目視確認
近隣住戸の確認
外観撮影(上限4枚) ※2
屋内 通風・換気 ×
通水確認 ×
雨漏り・カビなどの
目視確認
×
屋内撮影(上限4枚) ※2 ×
+α 管理看板の設置 × ×
室内清掃 × ×
草むしり × ×

※1 災害時臨時巡回・報告に関して
代表の身の安全が確保できる範囲での対応です。 また、災害後の状況確認込でのサービスとなります。

※2 外観撮影・屋内撮影について
基本的には、スマートフォンでそれぞれのプランに合わせた撮影を行います。
撮影枚数や撮影箇所など、ご希望の内容によっては追加で費用を頂く場合もございますのでご了承くださいませ。

料金と契約内容について

お客様の資産状況に合わせた最適なプランも対応しております。
管理期間や料金についてなどお気軽にご相談ください!

※表は左右にスクロールして確認することができます。

管理期間 屋外対応プラン 屋内外対応プラン 屋内外清掃プラン
1ヶ月 3,000円 4,000円 6,000円
6ヶ月 18,000円 24,000円 36,000円
12ヶ月 36,000円 48,000円 72,000円

PICK UP物件の管理をさせていただく場合、月に2回の清掃対応します

物件の管理をさせていただく場合、月に2回の清掃対応します
物件の管理をさせていただく場合、月に2回の清掃対応します

売却予定の物件は、よりよい状態をキープしてこそ高額査定が期待できます。成和ユニテックでは、オーナー様からお預かりしている物件を管理するにあたり、月に2回の清掃を実施。これにより物件をキレイな状態に保つことができます。

オーナー様が本業の傍ら定期的な清掃活動を実施するのは容易ではありません。かといってメンテナンスをおろそかにしては査定に響きます。売却予定の物件管理にお悩みの際は、成和ユニテックにご相談ください。

reason成和ユニテックには、物件の定期清掃を欠かさないほかにも、
いくつもの「選ばれる理由」があります。
成和ユニテックが選ばれる理由について