できるだけ早く売りたい
(不動産買取)

  • HOME
  • できるだけ早く売りたい
    (不動産買取)

buy

buy

少しでも早く売りたい場合不動産買取

不動産を早く売りたいのであれば、不動産買取をご検討ください。

何か現金が必要な予定ができて不動産の売却を決断される方は多くいます。また、予期せぬ事態が起きて急いでお金が必要になり、不動産の売却を決める方も少なくありません。この場合は、不動産会社が直接不動産を買い取ることで、スピーディーな売却が可能になります。

那覇市・浦添市・宜野湾市を中心に物件を扱う成和ユニテックが、不動産買取の基礎知識をご紹介します。

不動産に関してこんなお悩みはありませんか?

不動産に関して以下の様なお悩みをお持ちの方もいます。

不動産に関してこんなお悩みはありませんか?

  • なるべく早く現金が必要
  • 次の物件購入予定があるため、現在の物件を早く売って資金化したい
  • 近隣の人に知られずに売却することは可能か?
  • リフォーム後に売却するようアドバイスされたが費用が気になっている
  • 購入希望者の体験対応の手間を懸念している
  • 土地を放置しており税金だけが発生している
  • 管理費と修繕積立金の支払いが大きな負担になっている

時間をかけずに家や土地を売りたいときは不動産買取をおすすめします

時間をかけずに家や土地を売りたいときは不動産買取をおすすめします

「なるべく早く不動産を現金化したい」という場合には、不動産買取をおすすめします。不動産買取は、不動産会社が直接売り主様の所有している物件を買い取る方法です。不動産買取では、そもそも買い主様が現れるのを待つ必要がないため、売却活動の手間や売却までの期間は発生しません。不動産会社が提示する査定額に売り主様が承諾すれば、すぐに売却成立となります。

反面、一般的には仲介売却を行った場合よりも売却金額は安くなります。そのため、不動産売却を行う際には、売却額と売却の確実性・迅速性のどちらを重視するのか慎重に検討し、仲介売却・不動産買取を選ぶ必要があります。

まずは金額を見られてから、売る方法を考えるのもありです

まずは金額を見られてから、売る方法を考えるのもありです

上述したとおり、不動産買取では仲介売却よりも売却額が低く設定されるケースが一般的です。しかし、必ずしも売り主様のご希望金額に満たない金額が提示されるとは限りません。「一定の金額に到達していれば問題なく、それ以上に現金化のスピードが重要」という売り主様にとってはベストな方法といえます。もちろん、査定を依頼したからといって、必ずその金額で売却しなければならないわけではありません。まずは査定金額を確認し、その後に売却方法を検討するのもひとつの選択肢です。

不動産買取で売却するメリット

不動産買取を利用して売却する代表的なメリットをご紹介します。

1、仲介手数料が
かかりません
仲介売却では仲介の成功報酬として不動産会社に仲介手数料を支払います。対して、不動産買取では仲介手数料を支払う必要はありません。これは、不動産会社が買い受けた物件をさらに販売することで、その売却額が利益となるためです。
2、短い期間で現金を
受け取ることができます
上述したとおり、不動産買取における最大のメリットはすぐに不動産を現金化できる点です。書類上の手続きがあるため即日というわけにはいきませんが、少なくとも仲介売却で購入者を待つ場合よりははるかに早く現金が手に入ります。
3、瑕疵担保責任が
免除されます
不動産売却では、雨漏り、シロアリ被害など隠れた「瑕疵」に関する責任を売り主様が負います。買い主様が期間内に申し出た場合は、補修対応が必要です。対して、不動産買取の場合、売り主様の瑕疵担保責任が免除されます。
4、内覧の必要が
ないので
手間がかかりません
一般の購入希望者を招いた内覧は何かとストレスになるものです。さらに、一度の内覧で購入者が決まるとは限りません。不動産買取の場合、物件を見せるのは不動産会社による調査1度きりですみます。
5、全然売れない物件でも、
買い取ってくれる場合もあります
仲介売却の場合は一般の購入希望者を対象としているため、物件と購入希望者のニーズがかみ合わなければ長い期間買い手がつかないこともあります。対して、不動産買取は不動産会社が対象のため、通常は売れ残るような物件でも売却できる場合があります。
6、近隣の人に知られず、
売却することができる
不動産買取では仲介売却のような宣伝活動は行われません。チラシ配りのような地域に向けたアピールもないため、近隣の方に知られずに物件を売却したい場合に適しています。

PICK UPご希望があれば弁護士や税理士などもご紹介できます

ご希望があれば弁護士や税理士などもご紹介できます

不動産売却の過程では、法律や税に関する話題も登場します。成和ユニテックではくわしい知識がない方でも安心してご利用していただけるようにサポートしますが、より細部まで理解したうえで手続きを進めたいという方に対しては、信頼できる弁護士・税理士を紹介させていただくことも可能です。

わからないことがあった場合は、こうした専門家の説明やアドバイスが役立ちます。紹介をご希望の方は、お気軽にご相談ください。

基本的な不動産買取の流れをおさらいしておきましょう

不動産買取は一般的に以下のような流れで進められます。

01売却相談

売却相談

まずは不動産会社にご相談ください。売り主様の希望によっては仲介売却のほうが適している場合もあります。成和ユニテックでは、お客様のご希望をヒアリングしたうえで、仲介売却・不動産買取の双方のメリット・デメリットを説明しております。

02査定依頼

売却方法に関わらず、通常は不動産会社による査定が行われます。不動産会社との打ち合わせの後、売却を本格的に検討されるようであれば査定をご依頼ください。不動産会社のスタッフが、実際に現地へ訪問して調査を行います。

03仲介業者の決定

仲介売却をご希望の場合、仲介業者を決める必要があります。仲介売却には、「納得のいく価格で売却できる」「住み続けながら売却できる」などのメリットがあります。

04販売価格の決定

当社の場合、販売価格は、「市場価格と同等の金額=正直価格」「市場価格より高めに設定した金額=チャレンジ価格」のふたつを提案し、お好きなほうをお選びいただけます。お任せでよい場合は、さまざまな要素を勘案し、最良の方法で交渉いたします。

05内覧(物件案内)※土地の場合はなし

内覧のご案内や相談受付は当社のほうで実施いたします。オーナー様が付きそう必要はございません。物件の説明や案内などもお任せください。

06買付証明書

買付証明書とは、不動産購入希望者が売り主様に提出する書類です。不動産の購入金額や書類の有効期限などが記されています。この書類を提出することで、購入したい意思表示になります。

07価格交渉

価格交渉

購入希望者との交渉では、価格などの条件面で折り合いを付けることになります。売り主様と買い主様の利害はぶつかるものです。そこをうまく調整しながら、ベストな着地点を目指します。

08売買契約

売却価格や引渡し時期について折り合いが付けば、めでたく売買契約の締結です。これには早くて1週間、遅いケースでは1年以上かかることもあります。

PICK UPオンラインでの打ち合わせも可能です

新型コロナウィルスの影響により、外出が制限される状況が続いています。成和ユニテックではオンラインのシステムを使ったリモートでのお打ち合わせにも対応可能です。お気軽にご相談ください。