ローンの返済にお困りの方(任意売却)

  • HOME
  • ローンの返済にお困りの方(任意売却)

arbitrary

arbitrary

任意売却競売を避けるための最良の手段

「住宅ローンの返済に苦しんでいる」「競売にかけられる前に何とかしたい」そんな場合は任意売却で持ち家を高く売る方法を検討しましょう。任意売却であれば相場に近い価格での売却が可能。交渉結果次第では、引っ越し費用の捻出もできます。競売にかけられてしまうと相場を大きく下回る売却価格となり、その後の返済も苦しくなります。ローン返済が苦しくなったら早めの任意売却相談をおすすめします。

那覇市・浦添市・宜野湾市を中心に物件を扱う成和ユニテックが、任意売却の基礎知識を解説します。

不動産に関してこんなお悩みはありませんか?

不動産に関してこんなお悩みはありませんか?

  • 住宅ローン完済の見通しが立たなくなった
  • 返済の遅れや滞納が目立つようになった
  • すでに金融機関から督促が何度か届き、対応に苦慮している
  • まさかのリストラ。ローン返済がまずます難しい状況に
  • 離婚によってローン支払いが難しくなってきた
  • 仮に競売となれば、住む家はどうなる?
  • 競売開始の通知が届き、競売が避けられない事態に
  • すでに住んでいない遠方の家のローンが払えない など

ローンの返済の支払いが困難なときの不動産売却

住宅ローンを支払えない場合、競売を避ける手段として選ばれるのが任意売却です。競売にかけられる前に、任意売却の専門業者が間に入って有利な価格で不動産を売却します。任意売却には以下のようなメリットがあります。

ローンの返済の支払いが困難なときの不動産売却

  • 競売価格より高額な売却が可能
  • 引っ越し代が出るかもしれない
  • 依頼費用がゼロ。手数料は売却代金から差し引かれる
  • アンダーローンであれば売却後も
    賃貸で住み続けられることも
  • 競売を回避し、肩身の狭い思いをせずとも済む

任意売却に踏み切る場合、そのタイミングが重要です。遅すぎるのは論外ですが、早過ぎてもよくありません。期限の利益を損失した後でないと任意売却ができないケースもあります。入札が始まってしまうと、もはや手遅れとなるので注意が必要です。

PICK UPご希望があれば弁護士や税理士などもご紹介できます

任意売却となれば、手続きに関すること、費用やメリット・デメリットなど、わからない部分も多々あるかと思います。ご自身で解決しようと思ってもハードルが高い問題ですので、困ったときは成和ユニテックまでご相談を。当社では、弁護士や税理士のご紹介も可能です。税に関するご相談はその道のプロである税理士に聞くのが一番。また、弁護士の中には任意売却を得意とする専門家もいます。幅広いネットワークを通じてニーズに合わせたご相談対応ができるのも当社の強みです。

任意売却と競売の違い

※表は左右にスクロールして確認することができます。

任意売却 競売
売買価格 時価に近い価格で売ることも難しくありません。任意業者のプロに頼めば、高額売却も可能。そうなれば、残債の返済が楽になります。 売却基準価格は裁判所が決定。売却基準価格の20%を下回るケースも少なくなく、低い入札額も覚悟しないといけません。
余剰金 引っ越し費用や生活資金に使える資金確保も可能。 売却代金のすべてが債権者へ渡ります。強制退去の場合、引っ越し費用の負担も発生します。
引越時期
引越先
引っ越し時期については、希望を考慮してもらえる可能性あり。
引っ越し先探しも業者がサポートしてくれます。
競売では有無を言わさず立ち退きを強いられることがあります。引っ越し先が決まっていないといった言い分も通用しない恐れがあります。
残債務 返済額や期間については、業者が金融機関と交渉してくれるので、無理のない範囲で返済を進められます。 競売になって残債の支払い義務は残ります。任意売却では可能な返済計画の交渉も、基本的にできません。
プライバシーの保護 任意売却なら、ご近所に事情を知られることなく手続きを進められます。 競売した事実は、新聞やチラシ、インターネットなどで公開されます。競売業者がご近所で聞き込み調査をすることもあるため、プライバシーの保護が難しくなります。
生活再建 無理のない範囲で返済プランを立てられることから、早期の生活再建が期待できます。 重い支払い負担のほか、ストレスや過労といった精神面のショックもあり、生活再建が遠のく恐れがあります。

PICK UP競売にかけられる前に
早めにご相談を

いざ競売決定が通知されると、その持ち家はお客様のものとはいえません。自分の意思とは無関係で手続きが進められ、最悪住む家が決まらないまま立ち退きを命じられることもあります。

また、競売にかけられた物件は市場価格を大きく下回るケースがほとんどです。残債の支払いも待っています。重いローン負担を抱えたままでは生活再建の目途も立ちにくいでしょう。

デメリットしかない競売を回避する手段が、任意売却です。この方法であれば、相場に近い価格での売却も難しくありません。ローンの返済も楽になるため、なるべく早めに相談しましょう。

任意売却できる期間

※表は左右にスクロールして確認することができます。

滞納の時期 状況 任意売却の可否
ローン滞納前 何とか返済はできている状態。しかしこの先返済ができるかどうかは不透明。 任意売却は十分間に合います。
ローン滞納3カ月以内 金融機関からの督促状や一括弁済通知が届くようになります。早めの対処が必要です。 任意売却はまだ間に合う状態。
ローン滞納4カ月以内 「不動産競売の通知」が届きます。通知が届いてから競売までは4~5カ月。 この時点でもまだ任意売却は間に合う状態。
ローン滞納5カ月
まで以上
いつ競売にかけられてもおかしくない状態に。裁判所から競売の執行官がやってきて調査を開始するのもこのタイミングです。 ギリギリ間に合う状態です。しかし競売開始されては、任意売却のできる時間が制約されてしまいますので、即座に動きましょう。
それ以降 競売が開始され、強制立ち退きを求められます。もはやいかなる手段でも競売回避はできません。 任意売却ができる時間が制約されてしまいますので、早急な対応が必要です。もし競売の入札・開札されてしまうと任意売却はできません。

PICK UPオンラインでの打ち合わせも
可能です

新型コロナウィルス感染症への感染が危ぶまれる中、外出を控えておられる方も多いかと思われます。当社はオンライン面談方式を導入しております。ご在宅の状態でのお打ち合わせも可能なため、ご安心ください。

任意売却に関するよくあるご質問

Q.任意売却をするとブラックリストに載りますか?
A.厳密に言うと、任意売却はブラックリストの登録対象ではありません。しかし、任意売却を決めたときはローンを滞納した状態のはず。「任意売却=ブラックリスト」と思われがちですが、実際はローンの滞納で登録されているに過ぎません。
Q.任意売却にはどのくらい費用がかかりますか?
A.一般的な不動産売却と同様、不動産会社への仲介手数料が発生します。仲介手数料は、成約金額×3%+6万円+消費税です。
Q.近所の人に任意売却だと知られず売却はできますか?
A.競売のように売却情報が公開されることはありません。要は通常の不動産売却と同じ。守秘義務が徹底され、売却の事実が近所に漏れることはありません。

予期せぬことも考え、
早めの行動が大切です

予期せぬことも考え、早めの行動が大切です

「給料が下がった、失業した」などの理由から住宅ローンが支払えなくなりそうと早めの段階で考えることが重要です。そのままローンが支払えない状況を続けてしまうと競売にかけられてしまい、多くのデメリットが発生してしまいます。

一般的に売却まで3~6カ月かかりますので、早い段階で売却を考えましょう。
当社では仲介売却のほか、不動産買取にも力を入れていますので、スピーディーな売却をお考えの方はご相談ください。